ライフプラン&マネー教育サイト
最新の記事
募集
FPのひとりごと
講座&講演日記
参加者の声
小学校総合学習
お金の教育プログラム
FP講師
我が家の金銭教育
活動実績・メディア
申し込み&お問い合わせ
オフィス
プロフィール
リンク

沼宮内講演会報告

2007年12月17日
こんにちは。
今年の仕事が落ち着いてやっと更新できる!と思ったら、
もう12月もだいぶ過ぎてしまっていました。あっちゃ〜〜(><)

今日の話題は、沼宮内での講演会報告。

12月15日(土)岩手町沼宮内で
“沼宮内中学校区教育振興のつどい”がおこなわれ、
その中で子どものお金教育について講演をしました。

先日、岩手県金融広報委員会でおこなった協議会で、
陣内さんの‘熱い講演’を聞いた
沼宮内中学校の教頭先生が推薦してくれたようです。(ありがとうございます!)

マネーじゅくのメンバーは、熱い!と思われたのでしょう。その通り!
子どものお金の教育を語らせたら、みんな熱いですよ!!

1時間30分いただいたのですが、
伝えたいことがたくさんあって、絞るのが大変でした。

保護者のみなさんに伝えたかったことは大きく分けると3つ。

 ○子どもとお金の話をしましょう
 ○こづかいは教材
 ○今、私たちができること

これを柱に、わが家のお金教育の例も交えながら、
小中学生のこづかい制のポイントや、
学校や家庭でできるワークなどを紹介しました。

ワークショップでは、こづかいについてのお話だけですが、
今回は中学生の保護者の方もいらしているとのことだったので、
少しキャリア教育に関わることも入れて話しました。

自立した大人になるために、定額こづかいを使って
消費者として訓練をしていくのですが、
小学校高学年、または中高生と成長してくれば、
何を自立の手段にするかということを考える時期が来ます。

その時に親子でやるワークとして紹介したものが、
終了後に書いてもらうアンケートの
“心に残ったキーワードは?”に入っていました。(うれしい〜)
そのほかもいくつか紹介します。

「セルフコントロール能力」
「本物の体験」
「じっくりゆっくり取り組む」
「生活の基本となる金銭教育」
「未来の自分から今の自分を見つめる」⇒(これがワークです!)

少し、欲張りすぎた内容だったのではないかと思っていましたが、
 「もっと聞きたかった」という書き込みも多く、ホッとしています。

今回のように、
学校の先生方や関係機関、委員会などで、
子どものお金教育の情報が得られる場を数多く作っていただくことが、

どの家庭でも、お金の教育について考えるきっかけが増える
いい機会になるのでしょう。

ぜひ、多くの学校で取り組んで欲しいと思います。

沼宮内中学校区のみなさん、ご清聴ありがとうございました。

                             −トップページへ−

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マネーじゅく倶楽部誕生!

2007年11月24日
こんにちは、連休はいかがお過ごしですか?
わが家、明日、新しいテレビが届きます!
日々、暗くなっていく壊れたTV。ビデオの設定も狂い出したので初売りまで待たずにボーナス払いで買っちゃいました!明日の何時に来るのかな〜と、ウキウキのわが家です。(支払を忘れている?!)

今日の話題は、マネーじゅくが、「マネーじゅく倶楽部」として、広く会員を募集するお知らせです。(以下は、メルマガの募集文)


 マネーじゅくでもっと子どもへのお金の教育を語り合いませんか?
■―――――――――――――――――――――――――――――――――■
■  マネーじゅく倶楽部 募集します
■  ▼ マネーじゅく倶楽部入会申し込みはこちら
■   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P51671198
■―――――――――――――――――――――――――――――――――■

 ◆【マネーじゅく倶楽部】設立の目的
 
  全国の子どもたちにお金の基礎教育を受けさせる環境を作り出すために
  様々な地域に住む職種、年齢、性別を問わず、関心を持つ大人が集い、
  情報を共有し、問題を解決する方向での前向きな交流の場とする。
 
 ◆募集開始 本日 2007年11月23日 
 
 ◆メーリングリストのオープン 2007年12月2日(日)午前9時

  参加人数が50名になったところで一旦募集を締め切らせていただき、
  期間をおき、再度、募集できる体制を作ります。

 ◆運営責任者 マネーじゅく代表    陣内恭子
  代表世話人 マネーじゅく@岩手代表 戸田節子
  
 ◆入会資格と会費、退会について 
 
  子どもの金銭教育、金融経済教育に関心を持つ大人で、マネーじゅくの
  代表世話人等の承認を得た方
  
  会費 なし
  退会 希望時にメールで連絡

 ◆メーリングリスト(mailing list:略してML)の説明
 
  メーリングリストは、複数の人に同時に電子メールを配信(同報)する
  仕組みで、代表アドレスへメールが送信されると登録しているメンバー
  全員のメールアドレスへその内容が転送されます。1日に1回確認する
  ように設定するなど、受け取り方の変更も自分でできます。

  このしくみを使って情報を共有していこうというものです。
  顔を合わせた仲間ではありませんからご不安もあると思います。
  まずは、MLでは、自己紹介を簡単にしていただき、情報収集の気持ち
  で様子をみられるといいと思います。退会もいつでもできます。
  ただ、みなさんが発言しない会だったら寂しいものがあります。
  月に1回は、何かの投稿をお願いしたいと思っています。
 
  ▼ マネーじゅく倶楽部入会申し込みはこちら
   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P51671198

 ◆2007年11月20日にメルマガで配信しています内容(再掲) 
 
 2002年に福岡で始まったこづかいを使った家庭での金銭教育提案や、
 親子で楽しく学ぶ体験、体感型ワークショップが、
 2004年春から、全国の有志との「マネーじゅく」活動となり、
 2007年12月、より多くの方と集うことを目指し、
 サークル活動「マネーじゅく倶楽部」として新しく誕生します。

 サイトに時々お寄りくださる方、メルマガを読んでくださっている方、
 マネーじゅくのツールを買ってくださった方、
 ワークショップや講演会にご参加くださった方などで、
 
 子どものお金の教育全般でもっと情報がほしい、相談にのってもらいたい、
 近くで行われる企画を知りたい、何か自分でもやってみたい、
 そして先生で授業案を探している、 
 そういう方たちとメーリングリストで交流するサークル活動です。

 会費は無料。入会資格は何もありません。
 条件は、月に1回は投稿をすること。質問でも近況報告でも何でもOK。
 投稿メールには、必ず仲間の返事のメールがきます。寂しくないはず!

 お名前とご住所(市町村まで)メールアドレス、簡単なプロフィールを
 登録していただき、会のお世話係のマネーじゅく有志で作る世話人会
 (3名)が承認を行い、その後メーリングリストに登録をさせていただ
 きます。

 メディアの方の情報収集の場としてもご活用ください。ただし、
 事前にプロフィールでお知らせいただき、情報を記事にされる際には、
 投稿者の意思を確認していただくなどご配慮いただける方に限ります。

 なお、サークル内において個別の募集活動等がありました場合には、
 その方は、登録からはずさせていただきます。
 子どもの金銭教育を本気で考える方たちとの交流を大切にした会として
 継続できることを願い運営していきます。

 
 12月2日、MLでお目にかかりたいですね♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

岩手県金銭・金融教育指導者研修会の参加報告

2007年11月12日
こんにちは。
例年より暖房器具を使い始めるのが遅いわが家。
新しいマンションだからなのか?暖冬だからなのか?
それとも、昨年までのアパートが・・・だったのか?(笑)結論は数年後かな〜

今日は、先日の研修会報告の2回目。

岩手県金融広報委員会主催、
平成19年度岩手県金銭教育協議会『金融・金銭教育指導者研修会』の
2人目の講演者は、マネーじゅく代表の陣内さんでした。

私が講演会場で陣内さんの話を聞くのは2回目。

講和の内容には、日頃、メールでやり取りをしていることも含まれていますが、
同じ内容でも、感情や表情が見えないメールとは違って、とても心に響きました。

陣内さんお得意のキーワードを使って、ご自身の経験や、これまでの金銭教育活動から見えたものを入れ込み、とても説得力と迫力あるお話でした。

心に残ったキーワード。
「稼ぐ」・・・昔はお金を稼ぐではなく、仕事を稼ぐと使った。稼ぐという言葉から嫌なイメージを払拭してからキャリア教育をしないと、単なる職業教育になってしまう。

この話で、先日、わが子が中学校で職業講和を聞いたという話しを思い出しました。
1年生は講和、2年生は職業体験、3年生は受験に向けてのテストだったらしいのですが、表面的な学習だなと感じていたので、思わずうなずいた話でした。

その他にも、
「一人でも強い子」・・・自分の力で選択し、責任を持てる子。
「選択する力」・・・人生は選択の連続。経済学的な考え方をこれで教えることができる。
「命」・・・命を自分の時間に代えている。

というところで、多くの先生方がうなずいていらっしゃいました。
もっと知りたいという方は、今回10冊シリーズで、マネーじゅくが発行した冊子の1号を読んで見てください。(合わせて2号も読んでくださるとうれしいです:笑)

アンケートによると、40名中30名以上の先生が、金銭・金融教育に充てる時間がないに○をつけていたようです。確かに時間が限られていますが、カリキュラムだけを教えるのではなく、将来、自立する生活者を育てているということを意識していただいて、算数や国語、道徳の問題などで少しでもお金に関することを扱っていただきたいなと思いました。

いずれ、次の指導要領には、金銭・金融教育が入ってくるようです。
人に教えるからには、まずは自ら学ぶということで、先生方も一生活者として、FPの勉強をしてみることをおすすめします。授業に生かせる発見があると思いますよ。

以上、報告でした。
                                −トップページへー

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

岩手県金銭・金融教育指導者研修会の参加報告

2007年11月08日
こんにちは。
今日の盛岡はどんよりしていて、
もう少し気温が低ければ雪が降りそうな空の色です。
6日、7日と陣内さんが岩手に来てくれて、たっぷり、どっぷり(笑)話した2日間でした。

今日は、陣内さんが来県するきっかけになった講演会の話から。

6日(火)に、岩手県金融広報委員会主催で、
平成19年度岩手県金銭教育協議会『金融・金銭教育指導者研修会』(長い・・・)
が行なわれました。
陣内さんは、その中で行なわれた講演会の講師としての来県です。
長くなりそうなので、また2回に分けて報告します。

この協議会は、学校の先生方向けの研修会ということで、2年ぶりに開催されました。
昨年までは、開催不可能と言われていたものでしたが、
“あるところ”が変わったとたん、開催可能になったという裏話があります。
(はっきり言えなくてすみません。なんとなくわかる方もいるかな?)
会社でも世の中でもそうですが、良い方にも悪い方にも導いていくのがその“あるところ”に位置する方々。良い方向に導いて欲しいものです。

講演は、はじめにもう一人の講師の先生である、
国立教育政策研究所初等中等教育研究部長の工藤文三先生のお話でした。
工藤先生は、金融広報中央委員会が作成した『金融教育プログラム』作成に携わった方です。

学校現場における『金融教育プログラム』をどう使っていけばいいかという内容でした。

『金融教育プログラム』とは、金融広報中央委員会が、社会の中で生きる力を育む授業のためのテキストとして、小学校から高校までの金銭、金融教育について作成した先生向けの参考書です。

授業の計画や、導入の仕方など、専門的なお話をいただく中で、
現在検討中である学校指導要領には、金銭・金融教育が盛り込まれるという話がありました。

いよいよ学校にもお金の教育が入ってくる!
子どもたちが平等に、ある程度お金について考える時間ができる事を聞き、
とてもうれしく思いました。

これまで、家庭でのお金教育を勧めてきた私ですが、
本来は学校、家庭、社会の連携の中でのお金教育が行なわれることが大切と考えています。その3つのコマがやっと揃う時が来ました。

しかし、先生方の意識には、新しい教育に関わっている時間はない。
お金の教育ってなにをどこまで教えればいいのかわからないと言った声があります。
考え方を変えれば教科取り入れられると言われても忙しい先生には、それを考える時間もないのかもしれません。

お金の教育は、生活者教育だと私は思っています。
それには、机上の勉強ではなく、実体験、身体で覚えられるような授業が有効です。
スーパーや銀行に見学に行くだけでなく、実際に買いものをする、
通帳を作ってみるなど、教材は社会の中にたくさん転がっています。
これまでの授業から1歩踏み込んだところに、お金の教育の方法があるような気がします。

時代によって私たちの生活が変わるように、学校教育も変わっていくもの。
変わらずに受け継いで行かなくてはいけないものもありますが、
常に子供たちの未来を見ながらの教育を国全体で考えて欲しいものです。
(△悗弔鼎)

                               −トップページへー

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マネーじゅくのシリーズ冊子発売!

2007年11月02日
こんにちは。
冬がぐんと近づいてきた盛岡です。
雲の色、空の色、風の感触、空気の匂いこれらがすべて冬バージョン。
寒いけど、嫌いじゃない季節です。

今日は、マネーじゅくの冊子のご案内。

先日お話していました、マネーじゅくのシリーズ冊子が発売になりました!(A5版22ページ、各1000冊限定)

1号「子どもが生きる力を身につけるお金の教育 20のエクササイズ」陣内恭子
2号「わが家のお金教育事情〜小中学生とその家族のお金教育エピソード」戸田節子


1号は、
マネーじゅくを始めて4年の陣内さんが、これまでの活動の中から見えた、
子どものお金教育に必要なポイント、20項目をわかりやすくまとめたものです。

2号は、
私がマネーじゅくのメルマガに掲載したものを編集しなおしたものです。
わが家流のお金教育+マネーじゅく方式でおこなっている、
現在進行中のお金教育エピソードを10話まとめました。

これから、お子さんのお金教育を始めようとしているご家庭や、
どうしたらいいか悩んでいるご家庭の参考にしていただきたいと思い作成しました。
今後も、3号、4号と発行していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

メルマガを購読していただいていて、ご希望があった方には、
1号と2号を合わせてお送りしたと思いますが、いかがだったでしょうか?
ぜひ感想をお寄せくださいね!

マネーじゅく冊子 (各号とも A5版 22ページ)

定価 各500円(税込み)
送料:無料、
支払:郵便局振込み手数料無料
お申し込みは、こちら
<1号>                   <2号>
                             
20071102173109.JPG
20071102173109_1.JPG              


                                     トップページへ

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



24件中(1件〜5件を表示しています)   前   |