ライフプラン&マネー教育サイト
最新の記事
募集
FPのひとりごと
講座&講演日記
参加者の声
小学校総合学習
お金の教育プログラム
FP講師
我が家の金銭教育
活動実績・メディア
申し込み&お問い合わせ
オフィス
プロフィール
リンク

宮城県内の小学校でこづかいゲーム

2008年12月09日
12月6日(土)宮城県栗原市内の小学校にお邪魔してきました。

この小学校は、今年の4月から宮城県の金銭教育研究校に指定された、各学年1クラス、全校生徒106名の小学校です。

金銭教育研究校とは、各県の金融広報委員会が小中学校の児童生徒への、金銭・金融教育の普及を目的に、2年間に渡って委嘱するものです。

岩手県では、川井村内小学校1校、盛岡市内中学校1校が今年の指定校になっています。

4月に金銭教育研究校に指定されたばかりのこの小学校では、全校児童にこづかいのアンケート調査をして現状を把握、「もったいない運動」として、物を大切にすること、エネルギーを削減することなど、とても熱心に取組まれていました。

今回は、児童だけがお金の勉強をしても効果がないだろうということで、全校児童と保護者を集めPTA講演会として開催されました。

テーマは、「おこづかいについて考えよう」

参加人数は、1年生から6年生の児童とその保護者200名強。
この人数で楽しく学ぶ方法といえば「こづかいゲーム パワーポイント版」です。
参加者全員で、ジャンケンを使用して行ないます。
家族単位でグループを組んでいただき、親子対決の形にしました。

児童のめあては、
’磴い發里鬚垢襪、しないかは自分で考えること
△海鼎い帳のしくみをおぼえること
保護者のめあては、
〇劼匹發料択を見守ること

全部で6回戦、校長先生をはじめとする先生方、PTA会長さんのご協力を得て、
とても盛り上がった楽しい1時間20分を過ごすことができました。

特に素晴らしかったことは、ほとんどの保護者が来てくださっていたこと。
足し算、引き算をしながらこづかい帳に記入して進めるので、
どうしても低学年への細かいサポートが必要です。

保護者のみなさんがしっかりと子どもたちをサポートしてくださったので、
1年生もとっても楽しそうに取り組むことができたようです。
おかげで進行もとてもスムーズにいき、
最後のこづかい制のポイントまでしっかり話すことができました。

パワーポイント版でこれほど保護者がそろった学校は初めて。
ひとりひとりにしっかりサポートがついてくだされば、
大人数でも、学年の差があっても、しっかり学ぶことができると実感しました。

この小学校の2年後、金銭教育への取り組みの成果を楽しみにしたいと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費生活に関する懇談会

2008年10月22日

今日もいいお天気ですね(^−^)
今週末から気温が下がってくるらしいので、暖房器具などの準備をしないと・・と思っていたら、電気もガスも値上がりのお知らせが届き(特にガスは20%以上!)もうがっくり!(><)国民はどこまで我慢すればいいのでしょうね〜

今日は、9月の上旬に県民生活センター主催の「消費生活に関する懇談会」に参加した話題。

消費者問題がTVのニュースで流れない日はないほど、消費者に関連する事件?事故?が起きていますね。もっと早くに消費者庁なるものがあればよかったのではないかと思います。

でもちょっと疑問なのは、国を提訴するような消費者問題の場合、消費者庁はどっちの味方になるんでしょう?聞いてみたいものです。

その消費者庁に関係する機関になるであろう県民生活センターが「消費生活に関する懇談会」を開催しました。初めてのことだそうです。

この懇談会の目的は、県民生活センターのPRと消費者トラブルの現状をお知らせすることのほかに、消費生活推進員さんという地域にいる方々ともっと連携を取り合って、今後は消費者トラブルの解決のみではなく、トラブルにあわないための教育をしていくことできるかどうか意見交換をすることでした。

私の役割は、小学生の親子向けに行なっているお金教育講座の紹介。「賢い消費者を育てるお金教育」をテーマとし、お話しする時間をいただきました。

毎日会場を変えて続けての懇談会、5回同じことを話せばいいのですが、なかなか同じようには話せないものです(笑)それでも、各地でお会いした委員さんに共感いただき、とても嬉しく思いました。

県内各地で金銭・金融・経済などお金に関する教育への感心が高まっていくといいなあ〜

県民生活センターのみなさん、5日間お疲れ様でした!


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

IBCラジオ684のお姉さんと

2008年10月17日

秋晴れの盛岡です。

今日は貯蓄の日ということで、
つい先ほど、IBCラジオの生放送に出させていただきました。

放送前の打ち合わせで、684の車に乗っているお姉さんとお金の話で盛り上がり遅れそうになりましたが、無事に終わってホッとしています。

照井さん、いつもTVで拝見しております。
まとまりのない話に合わせてくださってありがとうございました。

生放送は、これまでTVラジオ含めて3回ほど経験していますが、やっぱり顔の見えないラジオの方がいいなあ〜

IBCさんとは、ちょこちょこ縁があります。

私がラジオに出させていただいたのは2回目ですが、娘が小さい頃、ディズニーのビデオが当たったり、息子が3歳ぐらいのとき、河川敷で684のお姉さんにインタビューを受けたり、最近ではその息子が「じゃじゃじゃTV」の生見学が当たったりと、ホント、ありがとうございますm(_ _)m

またいつか、ご縁があることを楽しみにしております。

684のお姉さま方、今日はありがとうございました!(^0^)/


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

キャリア教育の情報交換会

2008年10月14日

秋晴れの3連休、どこかお出かけになりましたか?
わが家では夫と息子がF1日本グランプリに出かけ、中間テストがある娘と私はお留守番。

おかげで2つの勉強会に参加することができました。超ラッキー♪
今日は、そのうちのひとつ、キャリア教育のお話です。

経済産業省の受託でキャリア教育推進事業を担当された盛岡のNPO法人未来図書館主催の「キャリア教育支援情報交換会」に参加し、同じく名古屋で担当されたNPO法人アクスネットの毛受さんのお話をうかがいました。

このNPOアクスネットでは、キャリア教育を地域の力を借りて行なおうという取り組みをされていて、学校と地域をつなぐ教育コーディネーターとしての役割を果たすべく奮闘されているようです。

実は、キャリア教育ってなんだろう?と思っていたのでその答えを探しての参加だったのですが、この勉強会の中では「生き方教育」というような言葉が出ていました。

私たちFPがクライアントに質問する「どんな生活をしたいと考えていますか?将来の希望、夢はなんですか?」に似ています。大人でも、たいていの人はすぐに答えられません。

私の子どもの頃は、将来の夢と聞かれてもピンとこなくって、その頃に流行っていた職業や、TVのヒーローなんかを答えていましたが、成長するにつれそれは絵空事なんだ、夢はかなわないものと感じるようになりました。

そのころはパソコンもインターネットも今のように普及してなくって、新幹線で東京に行くことは大旅行だった時代です。生活圏内の学校へ行き、流されるままに就職、結婚・・・・

夢はかなわないと感じて育った世代に、「夢は何ですか?」と聞いてもすぐに答えられないのは当然ですね。

でも、時代は変りました。

東京どころか、その気になればどこの国へも出かけていける。世界中がインターネットでつながり、情報をライブで手に入れることができる。他の国が、自国の経済も揺るがすほどのグローバルな時代。仕事も昔では考えられなかったものがたっくさんあって、誰もが可能性を持っている時代。夢を叶えられる時代。

そういう時代に生まれた子どもたちに教えなくてはいけないことはなんだろう?

「夢を持たせること、そしてそれは叶えられるよと教えてあげること」
それがキャリア教育なのではないかな〜と思いました。

夢を叶えるためにはお金も必要。それをしっかりと教えるのが私の仕事ですが、それもキャリア教育のひとつということになりますね。

広範囲なキャリア教育を学校だけで行なっていくのは難しいでしょう。もはや社会全体で学校に関わっていく時代なのだと思いますが、現状のシステムのままでは無理がありそうです。

キャリア教育そのものを外部に委託するとか、学校を共同経営するような思い切った発想の転換が必要なときなのかもしれません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

親子deこづかいゲームワークショップ開催します!

2008年10月09日
こんにちは〜(^−^)
9月は仕事と行事が重なってドタバタの1ヶ月でした。何回も訪問してくださった方ごめんなさい!今日からまた少しずつ書いていきますのでよろしくお願いします。

昨日、小学校の家庭教育学級で久々に“ヨガ”を体験しました。2〜3年前は週1回通っていたのですが続けられず今回ホントに久しぶり。案の定、思うように体が曲がらない!足が開かない!衰えた〜!やばい!おまけに今日は筋肉痛!何とかしなくては・・・


今日の話題は、ワークショップ開催のお知らせ。

トップページにも載せていましたが、秋のこづかい教室を11月8日(土)にアイーナで開催します。春に企画した「親子deこづかいゲーム」ワークショップと同じ内容です。

今回は小学校へのチラシは配布せずに、春のワークショップに申し込みながら参加できなかった方と、このブログを見てくださった方限定になります。

こづかいゲームは、定額こづかいを渡したらどんな使い方をするかがその場で見えるシュミレーションゲーム。お子さんが今お金に対してどんな感覚をもっているか?いくらなら任せても大丈夫か?などを確認できます。

ワークショップでは、こづかい制にする際のポイントや、疑問・質問、日頃のこづかいについての悩みなどにもお答えしています。お気軽にご参加くださいね。


秋のこづかい教室
「親子deこづかいゲーム」
【日時】 11月 8日(土) 。隠飴〜 ■隠鎧30分〜
【場所】 いわて県民情報交流センターアイーナ8F806
【対象】 小学生親子 各回 お子さん10人で締め切り
【費用】 1組1000円 (お子さん2人目1000円プラス)
【特典】 マネーじゅく オリジナルこづかい帳プレゼント

参加申し込みはこちら⇒11月8日参加申し込みフォーム

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



15件中(1件〜5件を表示しています)   前   |