ライフプラン&マネー教育サイト
最新の記事
募集
FPのひとりごと
講座&講演日記
参加者の声
小学校総合学習
お金の教育プログラム
FP講師
我が家の金銭教育
活動実績・メディア
申し込み&お問い合わせ
オフィス
プロフィール
リンク

6月14日親子deこづかいゲーム

2009年06月17日

みなさん、こんにちは。
小学生は陸上記録会、中学生は市中体を目指し頑張っているようですね。思いっきり走ったり、声を出して試合に臨んだりできるのは、一生のうちでその年代だけ(プロ選手を除けば)。悔いが残らないよう、その瞬間を大事にして頑張って欲しいなあ〜ファイトー、一発!(^0^)!

今日は、6月14日(日)に開催した、ワークショップの様子を紹介します。

今回企画した中で、唯一の日曜日ということもあって、予約開始直後に満席となっていました。参加くださった方は34名(お子さん17名、おうちの方17名)。この日も、笑顔いっぱいのワークショップでした。

学年の内訳は、1年生1人、2年生4人、3年生4人、4年生4人、5年生2人、6年生2人。前回とは違って、3,4年生が多かったです。

小学校の学級懇談会で、こづかいが話題に上がるのが、3,4年生。千円単位の足し算引き算もでき、こづかい帳の書き方を教えれば、一人でもしっかり書けるので、こづかいゲーム適齢期ともいえます。ワークショップでは一番元気な学年なんですよ(^−^)。

子どもたちの元気な様子が、アンケートから伝わってきます。ご紹介しますね。

≪子ども≫
Q:今の気持ちはどう?
・たのしい 11人 ・どきどき 5人 ・わくわく 3人 
Q:次にゲームをするとしたらどんなことに気をつける?
・お金のやりくり(4年女子)
・お金をためていろいろな物を買いたい(3年女子)
・お金をためる(3年男子)
・どうすればお金がいっぱいたまるか考えてやりくりする(6年男子)
・むだづかいをしない(2年女子、3年男子)

おうちの方もたくさんコメントを寄せてくださいました。

≪保護者≫
・ゲームを通してお金のやり取りを学んでいけるところが良かった。小学校への導入をすることができたらもっと素晴らしいと思いました(2年女子保護者)

・簡単そうに見えたゲームでしたが、実は奥が深く、子ども自身が良く考えて学べる良い機会になったと思います(3年女子保護者)

・今日学んだことは、将来きっと役に立つことと思います(3年女子保護者)

・ゲームの中で買わずにいる姿を見て、普段の姿とは少し違っていると感じました。おこづかいを与え始める良い機会かも知れませんので、挑戦させてみようと思いました(2年男子保護者)

・意外に堅実(子ども)だということがわかりました。自分で買う買わないを決めるところが良かった。こづかい帳をちゃんとつけさせようと思います(4年女子保護者)

・金銭教育は大切だと感じつつもどのようなきっかけで始めたらよいか迷っていたので、このような機会を与えていただいてよかった(2年男子保護者)

・どちらかと言えば、お金を使って自分が欲しいものを買うことに対して慎重な考えを持っていることに気付いた(4年女子保護者)

・何事も小さいころからの勉強なんですね(2年女子保護者)

・楽しくお金の使い方を学べたので良い企画だと思いました(6年男子保護者)

ご参加くださいましたみなさん、どうもありがとうございました!

Image083.jpgImage086.jpg










Image084.jpgImage085.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

6月6日親子deこづかいゲーム

2009年06月07日
こんにちは〜(^−^)

今日は、6月6日(土)「親子deこづかいゲーム」ワークショップの様子を紹介します。

この日は、32名の方々と楽しい時間を過ごさせていただきました。
学年の内訳は、1年生5名、2年生3名、3年生3名、4年生1名、5年生4名。

最近の傾向として、低学年の参加率が高いのですが、この日も参加者の半分は、1,2年生。これは岩手に限ったことではなく、全国的な傾向で、小学校に入学したのをきっかけに・・・と考えるご家庭が多いようです。

「1年生でも大丈夫ですか?」

と、いう質問をよく受けます。作業としては、こづかい帳代わりのシートに、名前や数字を書いたり、カードを読んだりしますが、国語の勉強や算数の勉強ではないので、極端な話、書くことも、読むことも、計算もできなくてかまいません。それらは、お父さんお母さんに代わりにやっていただければOK。そういう場合は、最初のステップを、”欲しいものを今買うか、買わないか、自分で決めること”にします。

その子に合わせて、できるところから始められる、それがこのゲームのいいところです。

この日、参加してくれた1年生の子を含めみ〜んな、一生懸命に、書いたり、読んだり、考えたりしてくれました。途中休憩で、一度感想を書いてもらうのですが、その中に、このゲームの良さがうかがえる答えがありました。一部、ご紹介しますね。

≪子ども≫
Q:休憩した後でこのゲームをするとき、どんなことに気をつける?

・よくかんがえてかう(1年男子、こづかいをもらっていない)
・お金を間違えないで計算する(5年女子、もらっている)
・こづかいをへらさないようにする(3年女子、もらっている)
・じぶんでかんがえる(1年女子、もらっていない)
・むだづかいをしないようにする(3年女子、もらっていない)
・良く考えてものを買う(5年女子、もらっている)
・のこりのお金がすくなくなりすぎないように(2年男子、もらっていない)
・おつりの計さんをきをつける(1年男子、もらっていない)
・自分で考えるところをがんばる(2年女子、もらっていない)
・読むときに正しく読む(4年女子、もらっている)
・お金を大切につかいます(5年女子、もらっていない)

ゲームを始めて2〜3回ぐらいで、みんなきちんと自分の課題を見つけています。これって、凄いことですよね〜。

保護者のみなさんの声は以下の通りです。

≪保護者≫
Q:ご意見、ご感想、悩みなど

・おこづかいを渡していないせいか、やはり金銭感覚が薄いようでした。ゲームを進める中で一気に金銭感覚に目覚めたようで、少しずつ自分でも管理できるようにしたいと思いました(3年生)
・学校教育でも取り入れてほしいと思った。小・中・高、全部で必要なことだと思う(3年生)
・子どもの性格が見えたし、楽しくお金の勉強ができました。ありがとうございました(2年生)
・あるようでないようなお金の感覚・・きちんと身につけさせたいと痛感しました(1年生)
・欲しいものを買い与えるだけだったので、お金の大切さを学んでほしいと思いました(2年生)
・やりくりの面を学んでほしい。他の子t残高の差が出てくるので比較となり、勉強になります。残り少なくなると節約しようとする心を学べたようです(5年生)
・自分で考えてお金を使う経験をゲームの中で体験できたので良かったです(2年生)

ご参加くださったみなさん、ありがとうございましたm(_ _)m

Image079.jpgImage080.jpg










Image081.jpgImage082.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

第1回「親子deこづかいゲーム」開催しました!

2009年06月01日
こんにちは〜(^−^)、今日から6月。
もう1年の半分の月まで来てしまいましたね〜(早すぎ!(><))
子どもの頃は、1か月がすご〜く長く感じましたよね。これって、こづかいの渡し方のヒントになります。知りたい方は、ぜひワークショップへいらしてね〜〜(^0^)/~~


今日は、5月31日(土)に行った今年最初のワークショップの様子をご紹介します。

今回ご参加いただいた方は、
午前8名(1年生2名、3年生2名、4年生2名、5年生1名、6年生1名)、午後6名(1年生2名、3年生2名、4年生4名)のお子さんと、保護者のみなさん、計26名です。

ワークショップで使用している「こづかいゲーム」は、家庭用につくった『おうちdeこづかいゲーム』。赤・みどり・青・黄の4色のカードと、同じ色の4このサイコロを使います。1年生から6年生までその力に応じて、カードをいろいろ組み合わせながら使えるのがこのゲームの優れたところです。

ゲームのめあては、
1.自分で考えて決めること
2.お金を大切に扱うこと
3.こづかい帳の書き方を覚えること

低学年チームは私が担当、3年生以上は、おうちの方々にお手伝いをお願いして、子どもたちに、ほしいものを5つ書いてもらうところからスタート。『ほしいものない』というお子さんに対して、お母さんは、『おかしいなあ〜』(笑)結構決まるまで時間がかかりますが、ここはじっくりお子さんを見てほしいところ。

ほしいものがない子の場合、理由として、
・保護者が先回りして買ってしまう
・普段は目についたものが欲しいものになっている
・お母さんの前では書けない
・物欲がない
ということが考えられます。

たとえ欲しいものがホントにない場合でも、必要なものにお金を払うことは教えないといけませんので、この時間は、今のお子さんの気持ちを知るいい機会になると思います。

ゲームがスタートしすると、もう子どもたちは止まりません(笑)途中で休憩を入れようとしても、『休まなくていい!』という子が多いです。さすがに1年生は、途中休憩を入れましたが、まだ小学校に入学して2カ月というのに、カードを読むことも、記録することも一生懸命に取り組んでくれました。とっても可愛かった〜(^−^)

この日、ゲームに参加してくれたお子さんみんな、最後まで楽しく、上手にやりくりしてくれました。また、お母さんたちも私の説明の悪さをカバーしてくださって、最後まで子どもたちを楽しく導いてくださいました。とても感謝しております。カメラを忘れたので、様子をご覧いただけず残念ですが、私にとっても久しぶりに楽しい1日となりました。

最後にアンケートをご紹介します。

≪子ども≫
〆の気持ちは?
 ・たのしい 6人 ・うれしい 6人 ・まだやりたい 6人
 ・うまくいった 4人 ・どきどき 4人 ・うきうき 4人

△うちでこづかい帳は書けそう・
 ・書ける 9人 ・たぶん書ける 3人 ・手伝ってもらったら書ける 1人

≪保護者≫
〇劼匹發燭舛陵融劼蓮
 ・楽しそうだった 11人 ・レベル的にちょうどよかった 8人
 ・自分で決めることができていた 8人 ・やりくりがわかったようだ 6人 

▲押璽爐鮖箸辰燭金の教育に関しての感想
 ・ゲームでの教え方は、子どもにとって一番わかりやすいものだと思いました。
  (1年母)
 ・グループでロールプレイするということが有効そうです。(3年母)
 ・家ではなかなかお金についての教育がきちんとできているか不安。こういうゲ
  ームを通じてお金について触れることができてよかったと思う。(3年母)
 ・人生ゲームを時々やりますが、今回のゲームは身近に生かせそうだと思った。
  (4年母)
 ・無理のない金額(わかる金額)で、自分でやりくりすることが、よい教育になる
  と感じました。(1年母)
  
たくさんの感想、ご意見ありがとうございました!
こづかい制を始めた方に、もう1冊こづかい帳をお送りしていますので、
その後の様子もぜひお知らせくださいね。(^−^)


トップページ

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「春のこづかい教室」受付中!

2009年05月14日
こんにちは〜
母の日はいかがでしたか?私は初めて息子から花束をもらいました。
とってもうれしかったのですが、えっ!(^−^;と思うことが。その内容は最後に。

今日は、ワークショップの申し込み状況のお知らせです。

5月30日から今年のこづかい教室「親子deこづかいゲーム」が始ります。毎年、盛岡市内小学校の全生徒さんにチラシを配布させていただいていますが、今回は、滝沢の鵜飼地区にも、マ・シェリに折り込んでチラシを配布させていただきました。滝沢のみなさん、どしどしご参加くださいね。

5月14日午前9時現在で、23名の申し込みがあります。人気の日は、6月6日と14日ですが、すべての日に参加予約が入っています。

一応、締切日は設けていますが、昨年も締切日前に満席になっていますのでご希望の方は、お早めにお申し込みくださいね。

         〜 春のこづかい教室 〜
         「親子deこづかいゲーム」

   〈開催日〉5月30日(土)6月6日(土)6月14日(日)7月11日(土)
   〈時  間〉。隠亜В娃亜繊´■隠魁В械亜
   〈対  象〉小学生とその保護者
   〈募  集〉各日、各回とも  小学生10人まで
   〈参加費〉小学生1人につき 1000円
   〈特  典〉マネーじゅくオリジナルこづかい帳プレゼント
     ※申し込みは、ワークショップ参加申し込みフォームからどうぞ


先日は青森県のある小学校から問い合わせをいただき、今日は、2年前にもお邪魔した、宮古市の小学校から学年レクのお申し込みがありました。とってもうれしいです♪ 

「子どもにお金教育の輪」が岩手に、東北に、日本中に広がっていってくれればなあ〜と思っております。


さて、きれいな花束をもらってとっても嬉しかったけど「えっ!」って思った理由。

花束が1000円したこと。子どもの頃、私もカーネーションを贈ったことがあったけど、せいぜい1本ぐらい。心の中で、そんな高いのじゃなくていいのに・・・と思いながら「残りのこづかいはいくら?」と聞いたら「1000円ぐらい」先日、おばあちゃんの家に泊まりに行って、こづかいをもらったのでたくさんあったのは確か。気が大きくなったのかな?と思いながら、

「じゃあ、1000円しかなかったらいくらのお花にしたの?」と聞いたら「500円だよ」ときっぱり。こづかい全部を使わなかったのは偉いけど、半分残せばいくらでもいいというものでもない。その辺の感覚をどうやって伝えるか、これからの課題になりそうです。

今年は息子の気持ちを素直に受け取ることにしてこう伝えました。
「きれいな花束ありがとう!とってもうれしい〜♪ でも、次はそんなに高いのでなくていいよ(^−^)」さて、来年はどうなるかな?

トップページ

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

子どもたちからのうれしいお便り

2009年05月08日
みなさん、こんにちは(^−^)GWはどこかにお出かけしましたか?
我が家は、一般道から高速道をウオッチング。「おお〜〜混んでる!混んでる!」と車中の会話にしていました。ホントは、渋滞に慣れてないので怖くて乗れない私です(笑)

今日は、小学生から届いたうれしい、かわいいお便りを紹介。

昨年の12月に、陸前高田市のある小学校からのご依頼で、こづかい教室を3.4年生向けに行いました。パワーポイント版のこづかいゲームで、授業時間2コマを使い、こづかい帳の書き方や、お金の使い方、買い物の選択などをシミュレーション。

そこの3年生の子どもたちが、かわいいお手紙を送ってくださいました。目の前に海が広がる小学校ならではのイラストが描かれた便せんに、カラフルに思い思いの色を塗って、こづかいゲームの感想を書いてくれたものです。

また、4年生からのお手紙も入っていました。一つ上のお兄さん、お姉さんらしい立派なお手紙でした。

とっても嬉しかったです♪♪(^0^)♪♪どうもありがとう〜〜!!

その中の一部を紹介しますね。


★もりおかから、わざわざ来て、お金の使い方などや教えてくださってありがとうございました。ゲームもとてもおもしろかったです。おこづかい帳も次の日からつけてみました。お金の使い方もゲームでわかりました。本当にありがとうございました。 (3年女の子)

★わざわざもりおかからきてくださってありがとうございます。楽しいゲームでお金をためて友だちとじゃんけんして文ぼうぐを買ったりいろいろなアクシデントもあったけど楽しかったです。とくに☆がいっぱいたまってうれしかったです。本当に来てくれてありがとうございました。来年もやりたいです。(3年男の子)

★先日は、お金のことをゲームで楽しく教えていただきありがとうございました。おこづかい帳の書き方がよく分かりました。お金の使い方もよく考えて使わなければいけないということが分かりました。これからは、お金をどんな時に使うかよく考えて使いたいです。また、おこづかい帳に記入することでやりくり上手な人になりたいです。本当にありがとうございました。(4年生一同)


2009050812404131227.jpg









トップページ

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



13件中(1件〜5件を表示しています)   前   |