ライフプラン&マネー教育サイト
最新の記事
募集
FPのひとりごと
講座&講演日記
お問合せ
参加者の声
お金の教育プログラム
FP講師
我が家の金銭教育
活動実績・メディア
オフィス
プロフィール
リンク

学年レクdeこづかいゲームパワーポイント版

2007年06月26日
おはようございます。

久々に子どもが高熱を出し、夜、病院に駆け込みましたが、
夏風邪だったようでホッとしました。
みなさんもお気をつけくださいね。


今日の話題は、今週末に宮古市のある小学校でおこなう『こづかいゲームPP版(パワーポイント版)』について。

こづかいゲームには、5人一組でおこなうボード版と、30人以上でおこなうPP版があります。
今回ゲームをするのは、4年生とその保護者約195名。
え〜〜!その人数で、いったいどんなことをするの?と不思議に思いますでしょう?

まずスクリーンに、プロジェクターを使ってこづかいゲームのメッセージを映し出します。
こづかいを1回1000円とし、あらかじめ書いてもらった欲しいものが買えるかどうか、メッセージに従いながら計算シートに記入していきます。アクシデントやハッピーがあるところはボード版と一緒。
違うところは、お金券がないこと、サイコロとコマがないことです。

お金券はなくても、計算シートの数字が増えたり減ったりすることで、十分、買いものの疑似体験ができます。

では、サイコロの代わりは何か?どうやってアクシデントやハッピーがおこるの?

なんと、それはジャンケン!
昔からあるクラッシックな方法ですが、誰でもできて、これほど勝ち負けが明確なものはありません。
この人数でおこなうジャンケンはかなり盛り上がりますよ。

ジャンケンの相手も一工夫。
校長先生であったり、担任の先生であったり、保護者であったり。

今回は、計算シートをこづかい帳風にして、
ゲームが終わってすぐに、こづかい帳でこづかいを管理できるように作り直しました。

ひとりでも多くの子どもたちが、こづかい帳をつけてくれるといいなあと思っています。

夏休みの前にピッタリのレクリエーション。
今から私も楽しみです。




 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています