ライフプラン&マネー教育サイト
最新の記事
募集
FPのひとりごと
講座&講演日記
参加者の声
小学校総合学習
お金の教育プログラム
FP講師
我が家の金銭教育
活動実績・メディア
申し込み&お問い合わせ
オフィス
プロフィール
リンク

親子レク「こづかい教室」宮城と秋田で開催

2011年11月08日

こんにちは。今年も残すところ2か月を切りましたね。時間の速度が年々早くなっているのでは?(1分は50秒とか)と感じる今日この頃、老化でしょうか(笑)

今日は、9月から10月にかけて伺った小学校の様子についてまとめてお話します。

まず最初は宮城県の小学校。

9月27日、名取市増田西小学校の6年生の親子レクに伺いました。参加数は、子ども、保護者、先生合わせて211名。体育館を会場にして“こづかいゲーム”を使って行いました。

この小学校の体育館は7月まで震災の避難所として使用されていたそうで、小学生最後の行事がたくさん中止になったとのことでした。避難所として使用していた際の片づけが終わってすぐの頃、「これから宮城の復興を担う子どもたちのためにお金の話を聞かせたい」と熱い思いのPTA役員さんから是非開催したいと連絡があり実現したものです。

震災で子どもたちは暗くなってはいないか?普通にほしい物を聞いても大丈夫だろうか?と心配していましたが、全くそんなことはなく、明るく盛り上がった講座となりました。保護者のみなさんの参加率も約80%と高く、講座終了後のアンケートでは「これを機に、子どもに定額こづかいを与え、家庭でお金の教育を行いたい」というコメントがたくさん寄せられました。

そのほかの感想は、以下の通りです。

・これからは自分の欲しいものなどが増えると思いますので、こづかいを通して金銭教育するにはいい時期だったと思います。
・お金は湧いて出て来るものと思っている。今日の勉強が今後に役立てばうれしいです。ありがとうございました。
・欲しいけれど高いものを買う場合、普段の買い物でがまんしなければならないときもあることを身につけるいいきっかけになったと思います。

二番目は、秋田県の小学校。

10月14日、由利新庄市の尾崎小学校5年生の親子レクに伺いました。盛岡から新幹線と在来線を乗り継いで2時間、初めて訪れた街でした。今の仕事を始めてよかったと思うのは、普通に暮らしていたら行けなかった街にもときどき行けること。行ったことがない街からいただく依頼はワクワクします。

尾崎学校に着いてすぐに感じたのは、子どもたちがすごく明るく元気なこと。丁度休み時間だったのですが、にこにこして学校にいることがとても楽しそうでした。子どもが元気な学校は、いい先生がたくさんいるというのがこれまでたくさんの学校に伺って得た印象です。小学生の学力が高いのはそういうところもあるのかなあ〜なんて思いました。

参加してくださったのは、子ども、保護者、先生合わせて216名。保護者はなんと、ほぼ100%参加でした。宮城と同じく、大勢でもできる“こづかいゲーム”を行いましたが、こちらの学校でも楽しく盛り上がった講座となりました。

保護者の方の感想をいくつかご紹介しますと、

・お金があると何に使うか、使ったのか、また残ったお金をどうするか考えるいい機会になりました。
・おこづかいをあげることによって自分でやりくりが上手になれるのではと思いました。
・実際は使うと無くなると言うことになるのでしょうが、キャーキャー言いながら楽しそうでした。
・親も楽しめて良かった。

どちらの学校も親子対決にして行ったので、保護者の方々からも「私も楽しかった♪」という感想をたくさんいただきました。あくまでもレクリェーションとして行うので、こづかいについての深い話は出来ないのですが小学校高学年の親子レクにはぴったりの講座です。ご要望とご予算が合えばどこでへもお伺いしますのでどうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

この度の講座でお世話になった、増田西小学校のPTA役員のみなさま、そして尾崎小学校のPTA役員のみなさま、どうもありがとうございました。m(_ _)m


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

家庭教育学級での「こづかい講座」

2011年08月19日
こんにちは。
またまた地震がありましたね!(2011.8.19 14:36.福島県沖、最大震度5弱)。盛岡は震度3だったらしいですが、もう少し大きく感じましたし、ちょっと長かったので怖かった〜(><)まだまだ油断できませんね。日本全土が揺れていますから、どうかみなさまもお気を付けくださいね!

今日は、7月にある小学校の家庭教育学級で、保護者向けに行った子どものこづかいについての講演会について。

ご依頼があった小学校は、昨年度まで5年間、総合学習でお金の学習を取り入れてくださった学校です。保護者のお手伝いをいただきながら年間5〜6時間行っていました。

総合学習では、子ども向けのお話しかできません。金銭教育での一番の理想は、〇劼匹眛瓜里燃悗峪間⊃道劼燃悗峪間親同士で学ぶ時間、この3つがあることです。

子ども同士では、お金に関する共通のルールやモラル、トラブル、将来の生活についてを学びます。親子では、こづかいゲームを使って、子どもはこづかい帳の書き方と使い方を学び、親は子どもの選択の判断を見守りながら家庭でどこから教えるべきか観察します。親同士では、家庭でのお金教育についての情報交換をし今後に生かす、という具合です。

どれか1つでも行えれば、少しはお金やこづかいに対する意識は変わりますが、この3つ全てを行うことができれば、親と子、子ども同士、それぞれで感じ合えるので、より意識が高まり、持続性があるものとなります。

この小学校での5年間、´△竜_颪呂△蠅泙靴燭、の時間は1年目だけでした。年は跨いでしまいましたが、学習のお手伝いをくださった保護者の皆様にお話しする機会をいただけとてもうれしく思いました。

その時のアンケートをとりまとめたものを役員さんからいただきましたので、いくつかご紹介します。

・低学年児童の母です。今日の講座は正直まだ早いかなと思いながら参加しましたが、全く違いました。すごく勉強になりました。これからまず、親子のコミュニケーションからお金の大切さを教えていきたいと思います。

・おこづかいをあげても親が買ってあげてしまったり、おこづかいの意味はあるのかなと思っていたところもあるのですが、将来を見据えた大きな意味があるのですね。

・毎年子どもたちにも講習会を開いていただきたいです。

・昨年度、娘が授業を受けさせていただき、その娘に勧められて今回参加しました。娘が学んだことをもとに、今年からおこづかいを少し多くしてやりくりさせています。これでいいのかなと悩みながら半年過ぎましたが、今回のお話を聞いていろいろ疑問を解決することができました。また、お金を学ぶことが生きることにつながるのだということがよくわかりました。夏休み、早速、通帳を作ろうと思います。

などなど、43名参加の中、39名の方からたくさんのコメントをいただき、正直、とても驚きました。つたない話だったと思いますが、子どもたちの未来に少しでもお役に立てればとても嬉しいです。

この度、お話しする機会をくださったPTA役員のみなさま、また、時間を割いて、参加してくださった保護者のみなさまに、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

夏休みの体験から学ぶお金のあれこれ

2011年08月17日

楽しい夏休みも終盤となりましたね。今頃は残った課題に必死で取り組んでいるところでしょうか。^^

お子さんと夏休みの思い出を振り返るついでに、休み中に使ったこづかいも親子で振り返ってみましょう。定期的にこづかいをもらっている子もいない子も、お祭りや帰省、旅行などでお金に触れる機会が多かったと思います。こづかい帳に記録して合計してみれば日ごろのこづかいの何倍もの金額になっているはず。その数字を見ながら、買ったものについて今はどう思うか?評価してみましょう。

◎とてもよかった、〇まあまあよかった、△なくてもよかった、

◎、〇の評価ならよかったところやお子さんがどんなことを考えて選択したか、△があれば同じことを繰り返さないために次はどうしたらいいかなどを親子で話し合ってみましょう。よいところは、どんどん褒めてあげると自信がつき、次もがんばるぞ!という気持ちを持つようです。また、たくさんの買い物体験をして楽しい思い出ができたのは、こづかいをくださった方がいればこそという感謝の気持ちを持つことも話しておきたいですね。

お子さんが小学校高学年以上なら、こづかいだけでなく、かかった費用(交通費、食費、宿泊費)なども一緒に確認してみましょう。特別なイベントのときにはある程度のお金が必要なこと、日常の生活費やこづかいをゼロになるまで使っていてはそれをねん出できないこと、限られた収入の中で大きなイベントの費用を作るためには計画的な貯蓄が必要であることを教えることができます。

そしてできれば、次の大きな支出やイベントを目標に銀行口座などを使っての積立をはじめてみるといいですね。金融に触れさせる大切な体験となります。

この夏、わが家でも娘(高2)と北海道で行われたコンサートに行きました。チケット代と、全種類購入のグッズ代はこづかいと自分(娘)の貯金で賄えたものの、旅費はほとんど親持ち。次の費用はすべて自分で出すように!と言ったところ早速500円玉貯金を始めました(笑)。今回のチケット代も貯金箱で貯めていたようなので有効な方法だと感じたのでしょう。お盆に帰省して祖母からいただいたこづかいと、毎月の自由に使えるこづかいの半分はすべて銀行預金に入れるとか。本当はアルバイトをしたいようですが、残念ながら学校はアルバイト禁止。親としてはむしろやらせたいんですけどね〜

ちなみに次とは、12月の東京行きですが、北海道ほど費用はかからないけど、今月も含め4カ月しかない。さて、どうなるか?

子どもと一緒にお金について考えたり、体験させたりすることは、子どもの将来のためになるだけでなく、外見からでは気がつかない心の成長が見られて、親ならではの楽しさ、うれしさを味わうことができます。多くの保護者のみなさんが、楽しい時間を過ごしながらお子さんを自立に導いていくことを願っています。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

7月23日(土)東京でイベントを開催します!

2011年06月30日
こんにちは。むしむしする日が続き、今年の夏も猛暑になるのかな?と嫌な予感がします。昨年夏の半端じゃない暑さに耐えられず、エアコンを取り付けましたが、今年は「節電の夏」。スイッチを入れないよう頑張らないといけませんね。どうしても耐えられない暑さのときは車に逃げ込もうっと!(^=^)

さて、今日は、7月に東京で行うイベントのご紹介。

金銭教育総合研究所 マネーじゅく主催で、夏休みの親子イベントを開催します。夏休みは、お祭りや旅行、帰省などで子どもたちがお金を使う機会が多い時。家庭でお金の教育をスタートさせたり、子どもとお金についてあれこれ話し合ったりするチャンスです。

マネーじゅくの「こづかい講座」は、子どもの成長段階に応じたお金の教育プログラムを準備しています。今回は、初級講座「こづかいゲーム」と中級講座「はじめての金融」。そのうちの中級講座を私が担当させていただきます。

幼児(年長)から中学生までのお子さんをお持ちの方で、東京近郊にお住まいの方、または東京に帰省される方は、ぜひお立ち寄りいただけたらと思います。夏休みの自由研究にもなりますよ!


〜子どもの心を育てるお金の教育〜
マネーじゅく 親子で学ぶ「こづかい講座」

日時:7月23日(土)第1部 10時〜/第2部 13時30分〜
場所:北沢タウンホール 3F (下北沢駅 徒歩4分)
内容:第1部  中級「はじめての金融」  第2部  基礎「こづかいゲーム」

※詳細、お申し込みにつきましては、下記のチラシPDFをご確認ください。

2011年7月23日 マネーじゅく親子で学ぶ「こづかい講座」チラシ.pdf (627KB)

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

災害に関するセミナー情報

2011年06月23日
こんにちは。あっという間に6月も後半になりましたね。今朝、久しぶりに震度5弱の大きな地震がありました。子どものお弁当を作っていたのですが、やっぱり何もできず立ちつくしていました。幸いなことに、短時間で揺れが収まったので停電にもならずホッと一息。大きな地震が来るかもしれないという心配が、早くなくなればいいなあと思います。

さて、前回ご紹介していましたFP協会岩手支部主催の相談会&セミナーのお知らせです。

震災で被害にあわれた方はもちろん、今後もしもの事を考え相談しておきたい、話を聞いておきたいという方など、どなたでも参加できますので、どうぞお気軽にお越しください。

★東日本大震災 生活再建「無料相談会」&セミナー
  日時:6月25日(土)、26日(日)10時〜16時
  場所:岩手県民生活センター   
  内容:無料相談会・・・県内FPと士業の先生方による
      セミナー・・・・・・25日 FP 深田晶恵
                「震災後3ヵ月経って考えたい今後のお金と住まいのこと」
                26日 社会保険労務士
                「生活再建のための各種社会保険制度の活用」
  問い合わせ・申し込み先: 0120ー874−251 日本FP協会東北ブロック

FP協会主催 東日本大震災セミナーチラシ.pdf (268KB)

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



9件中(1件〜5件を表示しています)   前   |